「嫁姑問題から現実逃避の日々」について

「嫁姑問題から現実逃避の日々」について ののはなさん 今年の酷暑ばかりではなく、自分の時間が全く取れない生活環境での嫁姑問題で、心身共に参ってしまったのね。私でも役に立つ事があったら、教えて下さい。 旧岩崎庭園の館内写真と記事、楽しくて素敵!春に沖縄の友人と訪問しました。館内と喫茶室は予約が必要との事だったので、バラ園と森の小径を歩…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

沖縄県・八重山地区の教科書採択問題とは?

ーーーすべては2010年3月1日の中山義隆石垣市長誕生から始まったーーー 2010年  3月  自公推薦・無所属・タカ派の中山義隆氏が現職(民主・共産・社民・社会大衆党推薦)を破って市長に当選  10月 中山市長は、教育長に玉津博克氏・教育委員に石垣朝子氏(教育委員長に就任)を任命 ーーー育鵬社と東京書籍に分かれる公民教…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

次の請願に署名しますか?

今日からは教科書の比較を休んで、今年の教科書採択について述べます。 今年の夏は、来年4月から4年間使われる中学校の教科書採択が行われます。 現在は、市区町村の教育委員会(委員5~6人)が採択(使う教科書を決める事)をします。 1900年代までは違いました。 さて、次の請願を読んでどうします? (資料) 「教育…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

列強の砲艦外交に対する幕府の対応(2)の⑥ 年表資料

今回は、1771(明和8)年から1853(嘉永6)年までの約80年間の外交史年表を書きます。   「事柄が細かく、多すぎる」との苦情が出そうですが、列強のヨーロッパ世界秩序と砲艦外交に日本が巻き込まれていく時期です。そしてそれに対する徳川幕府の対応が分かります。 外交史年表の内容がどれだけ教科書に反映されているでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

列強の砲艦外交と幕府の対応(2)の⑤ 扶桑社、自由社

扶桑社   自由社    これは、扶桑社と自由社の教科書です。出版社が違うのに、全く同じと思いませんか?  (文字や図版の大きさ、色、文章のちょっとした違いが数ヵ所ある程度です。)  それもそのはず。執筆者6人のうち4人も両社で重なっています。また、代表執筆者は両社とも藤岡信勝氏です。 こんな事が中学校の教科書でまかり通っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

列強の砲艦外交と幕府の対応(2)の④ 教育出版、日本文教出版

教育出版 これは教育出版です。・p.99の右上に「幕末の頃の日本への外国船の接近」と言う非常に小さな地図。本文は・・・・・このころ、ロシアは日本との貿易を求めましたが定信は拒否し、沿岸の警備を固めました。 こんな記述から突然ペリー来航となるので、外圧に伴う時代の流れ軽視もはなはだしいと思います。  日本文教出版  これは日本文…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

列強の砲艦外交と幕府の対応(2)の③ 日本書籍新社、東京書籍

日本書籍新社   これは日本書籍新社です。本文は一通り簡単に書いてあります。 ロシア・イギリス・アメリカ・フランスの来航年と場所が詳しく地図に示してあるのはいいですね。 東京書籍 p.113 これは東京書籍です。p.113にロシア使節の来航と通商要求、幕府の対応が書いてあります。 ロシアを警戒した幕府が、蝦夷地やカラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列強の砲艦外交と幕府の対応(2)の②  帝国書院、日本文教出版(旧 大阪書籍)

帝国書院   これは帝国書院です。コラムによって、ロシアの通商要求や幕府の対露危機感が分かります。 しかし、ロシア以外のイギリス・フランス・アメリカの国名が書いて無いのは残念です。 お台場(大砲陣地)を作った事を書いてあるのはこの教科書だけです。 幕府の対外政策異国船打ち払い令とそれを批判した学者への言論弾圧は書いてありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列強の砲艦外交と幕府の対応(2)の①  清水書院

◎ 今回から教科書の比較をします。 清水書院   これは清水書院です。他社との大きな違いは、18世紀末から19世紀前半近くまでの日本に対する外圧と幕府の対応を、2ページ使って丁寧に書いてありる点です。時代を理解する上で良い事と思います。 当時の幕府が最も警戒した国はロシアでした。 蝦夷地(北海道)やカラフト・千島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列強の砲艦外交と幕府の対応(1)

◎ 東京の観光スポットとして有名な、お台場の由来は?→幕府が欧米強国の圧迫から江戸を防衛する為に、江戸湾岸の遠浅の海に石垣を築いて作った大砲陣地の名称です。第3台場は、現在公園になっています。 ◎ 伊能忠敬が日本中の海岸を歩いて日本全図を作ったのはなぜ?→欧米強国の圧迫から国境画定の必要に迫られた幕府が命令しました。 「18…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アヘン戦争後の幕府の対外政策

                 帝国書院p.141  アヘン戦争で、東アジアの大国清がイギリスに負けた事を知った幕府は、欧米船に対する対策を変えた。 この事が書いてあるか? 書いてある  帝国書院 p.141    江戸幕府は、東アジアの大国である清がイギリスに敗北したことに大きな衝撃を受け、外国船に対する打払令を見な…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

インド大反乱→イギリス政府の直接統治となる

・・・綿織物はインドにとって重要な輸出品であったが、たちまち綿織物の輸入国になってしまった。小麦もイギリスへ輸出されたため、国内ではしばしば飢饉がおこり、インド人のイギリスへの反感がしだいに高まった。  1857年、イギリスの支配に対するインド人の不満は、セポイの蜂起をきっかけにして爆発した。蜂起は農民をはじめとする民衆の間に広がりイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2010(H22)年度・中学校歴史教科書検定について

★現在、文部科学省で中学校の教科書検定作業中です。 ★今年度中に検定作業が終わります。 ★検定合格した教科書が来年(2011年)の夏、全国の教育委員会の採択会議にかけられます。  (私立中学校は、独自に採択します。) ★こうして、再来年(2012年)から4年間、全国の中学校で、それぞれ採択された教科書が使われます。  ★さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヘン戦争

                       日本書籍新社p.139  スミタン「左上の図では、イギリス軍艦(蒸気船)の砲撃威力が分かる。右上のグラフでは、アヘンの密輸増による清の財政悪化が予想される。右下の地図では太平天国の活動地域の広さがわかる。」 1842年 アヘン戦争(イギリスが清を攻める) 1842年 南京条約(清…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧米列強のアジア侵略

                      帝国書院 p.139  スミタン「この図版は産業革命による大量生産の仕組みがひとめで分かります。他社にこの図版はありません。」 産業革命と欧米・アジア   手工業から機械工業へ→大量生産   馬車・帆船から蒸気機関車・蒸気船へ→大量輸送   欧米列強は、新たな植民地獲得競争へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009(H21)年の中学校歴史教科書採択結果について思う  

 一見して分かるのは、つくる会教科書の採択数の多さが私立よりも公立に際立っている事。 特に、全18採択区中の8区で自由社版歴史教科書13,500冊を採択した横浜市がダントツです。 教科書を選んだのは、当時の市長中田宏氏に任命された横浜市教育委員6名です。 扶桑社版歴史教科書の採択数の多い東京都杉並区は、当時の山田宏区長に任命さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2009(h21)年、中学校歴史教科書採択結果・新しい歴史教科書をつくる会編集の教科書について

▲扶桑社版の採択状況    (都県立、公立中学)   継続採択    東京都杉並区      2,000     都立中高一貫校      920(小石川・白鴎・両国・桜修館・立川・武蔵)     栃木県大田原市      730    愛媛県立中高一貫校   480(松山西・今治東・宇和島南)    都立特別支援学校 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年の中学校教科書採択について

旧教育基本法(1947年公布)下の最後の教科書採択が昨年(2009年)夏、全国で行われました。 「新しい歴史教科書をつくる会」は扶桑社に続いて自由社からも、内容・文章のほとんど同じ歴史教科書を出版しました。 両社の代表執筆者は勿論藤岡信勝(拓殖大学客員教授・新しい歴史教科書をつくる会会長)です。 (藤岡信勝の肩書きにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「改正」教育基本法と改訂学習指導要領と教科書の関係

1. 2006(平成18)年、安倍晋三内閣の強引な手法の下で教育基本法(新法)が公布・施行 2. 2008(平成20)年、学習指導要領改訂告示(新・教育基本法に従った内容) 3. 2009(平成21)年、小学校教科書検定 4. 2010(平成22)年、小学校教科書採択 ★ つまり、来月(8月)採択される小学校教科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校教科書採択に向けて意見を出そう

 小学校教科書採択が8月に迫っています。7月に行う地区もあります。 教科書は教育センターや図書館などに展示されています。アンケート用紙もあるはずです。 教科書の展示場所を教育委員会に聞き、教科書を読んでアンケートを書きましょう。 又、採択の為の教育委員会を是非傍聴しましょう。  この小学校教科書は、安倍晋三内閣が成立させた「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more